平成30年度 茨城大学素粒子論研究室 セミナー案内

セミナー案内

場所は特に記載なければE301を予定


※ 現在、予定されているセミナー等

----------------------------------------------------------------------------------------------------


日時:10/29(月)-31(水)※29日は10:20-開始
場所:D棟5番教室
橋本 幸士 氏 (大阪大)
集中講義
タイトル:AdS/CFT対応とその応用(QCD、情報、学習)

概要:近年の量子重力理論/弦理論の最も重要かつ有用な概念であるAdS/CFT対応 (ゲージ重力対応、ホログラフィー原理)を解説し、特にその応用について、最近の発展をもとに述べる。 AdS/CFT対応とは、ある高次元量子重力理論と、強結合極限の 場の量子論の間の等価性である。 ゲージ群のランクの大きいQCDにある極限で等価になるような、 高次元重力背景時空とDブレーンの物理を解説し、そこから従う ハドロン物理の諸量の計算と実験との比較などを見る。 また、深層学習について概観し、深層学習や情報理論とのAdS/CFT 対応の相似性などを見て、それらとの関係について、考えてみたい。

※最後の一コマを、学部の3年生程度の方にも聞いていただけるような、 一般向けセミナーにします。
タイトル「深層学習と時空」


日時:11/12(月)13:00-14:00
横倉 諒 氏 (慶應大)
セミナー
タイトル:Ghost-free vector superfield actions in supersymmetric higher-derivative theories

概要: We systematically construct ghost-free higher-derivative actions of Abelian vector supermultiplets in four-dimensional N=1 global supersymmetric theories. We discuss possible building blocks for a ghost-free action and explicitly show that their bosonic parts have no ghost mode and the auxiliary field does not propagate. Higher-derivative terms yield higher powers of the auxiliary field in the actions, and the D-term equations of motion consequently admit multiple solutions in general. We confirm that the well-known supersymmetric Dirac-Born-Infeld action falls into this class. We further give another example in which the standard quadratic kinetic term (Maxwell term) is corrected by a quartic term of the field strength. We also discuss possible couplings to matter fields and a deformed D-term potential. This talk is based on JHEP 1709 (2017) 143 [arXiv:1708.05129].


日時:11/19(月)13:00-14:00
畠山 洸太 氏 (静岡大)
セミナー
タイトル:Large-N volume independence on group manifolds

概要: large-N volume independenceとは、「異なる体積を持つ空間上の理論がlarge-Nで等価になる」という主張である。 これは、「large-Nゲージ理論はそれを次元還元して得られる行列模型と等価である」という、large-N還元の一般化と言える。
本講演では、群多様体上でのlarge-N還元を一般化して群多様体上でlarge-N volume independenceが成り立つことを示す。 まずトーラス上でlarge-N還元が成り立つことを説明した後、トーラス上でlarge-N volume independenceが成り立つことを示す。 その後、群多様体とその商空間の性質について説明した後に、群多様体上でもlarge-N volume independenceを示す。
なお本講演は、Phys. Lett. B 782, 503 (2018) [arXiv:1805.10743]に基づくものである。

終了したセミナー

日程 氏名 タイトル
5/28(月) 古澤 孝興 氏 (茨城大) 文献紹介 [arXiv:1703.00351 [hep-th]]
6/1(金) 初田 真知子 氏 (順天堂大・KEK) Manifestly T-dual formulation of AdS space
 ―AdS代数とO(d,d)T双対性の整合―
6/11(月) 甘利 悠貴 氏 (東京理科大) 旗多様体上の非線形シグマ模型における古典解
6/21(木) 浅野 侑磨 氏 (KEK) Phase transitions in the BMN matrix model
7/4(水) 中村 真 氏 (中央大) ゲージ・重力対応における非平衡相転移の臨界指数の解析
7/20(金) 三角 樹弘 氏 (秋田大) Recent progress in 't Hooft anomaly matching
9/25(火) 丸山 耕司 氏 (大阪市立大) 量子制御の数理
10/15(月) 鈴木 晴侯 氏 (茨城大) Massless higher-spin gauge theory in BRST-antifield formalism



※フレームが表示されていない方はこちらをクリック